So-net無料ブログ作成

笑点の視聴率に嵐にしやがれも貢献! [テレビ]

2011年4月16日、「嵐にしやがれ」アニキゲストに笑点メンバー

桂歌丸師匠、林家木久扇師匠、春風亭昇太師匠が登場!!

普段バラエティー番組に出ないアニキゲストに会場も嵐メンバーも驚きでした!


番組恒例のアニキゲストたちからのお土産は「扇子と手拭い」

扇子には御三方のサイン、手拭いはそれぞれのアニキの高座用のものとレアもの!

日テレの人気番組の最高のコラボレーションでしたね!


今回は「嵐にしやがれ」ではなく「笑点」に焦点(オヤジギャグ)を合わせてみます


「笑点」は1966年5月の放送開始から今年で49年目、いわずとしれた長寿番組

なんと未だに視聴率が20%を越えることも多々あるというから人気の高さは健在ですね



人気のひみつを探ってみましょう



笑点人気は積み重ねてきた偉大なるマンネリとお約束

「マンネリ=悪い」イメージですが「笑点」では違います!

長く番組をやっていると出演者が変わることが多いですが、大喜利メンバーはほぼ固定

「政治や社会的事件の風刺」「メンバー同士の罵り合い」のお約束ほとんど変わらない

「決まりごとを安心して楽しむ」のが高齢者を中心に支持されてきたんでしょうね

時代劇においても毎回「勧善懲悪」という変わらない演出ですが人気ですもんね

笑点にもおいても「変わらなさ」が最大の魅力となっているんです


出演者の「キャラ付け」がしっかりしている

笑点では「バカ」「物知り」「キザ」と大喜利メンバーのキャラ付けが

番組当初から徹底して確立されていたんです

現メンバーで見てみると

三遊亭小遊三=色男、三遊亭好楽=マジメ、林家木久扇=おバカ

春風亭昇太=独身、6代目・三遊亭円楽=腹黒、林家たい平=恐妻家ですね!

メンバーもそのキャラに合った発言や回答するからまた面白い!


若者層へのアピールも意欲的

番組は2部構成で前半の「演芸」コーナーでは近年は勢いのある若手芸人の出演が増えてます

その成果なのか意外にも小学生が見ているようで、手紙などで一番反響が多いみたいですよ


全員が意識的に冒険

ネタ、お題づくりにおいてブレイク前の「ももクロ」をネタにしたり

「妖怪ウォッチ」みたいな新しいものも取り入れてきている

しかし流行りに乗るばかりではなく、歌舞伎や落語の知識がないとわからない答え

出ても意図的にカットせずに使用しているそうですよ


今もなお人気なのがわかりますね


「笑点」を通してリビングで家族揃ってテレビを見るという

「家族団らん」のきっかけになるといいですね!

番組は変わらず、変わったのは出演者の年齢・・・

これからも60年、70年と頑張ってほしいですね!


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。